将来を考えずに失敗

私の従弟は事務系の仕事をしているサラリーマンです。

【従弟の車の査定のお話】

親から譲り受けたカローラを10年ほど前に乗っていましたが、彼女ができたことをきっかけに買い替えることにしました。カローラはかなり長く乗っていたので、どのメーカーの車に乗っても全てが魅力的にうつりました。

そんな中、私が選らんのはスバルのツーリングワゴンでした。その当時より更に前に流行っていましたが、昔からの憧れがあり、実際に試乗させてもらうと、やはり加速力がよく、私には魅力的でした。そこで、お金にゆとりがないこともあり、私は中古のツーリングワゴンを購入することにしました。

ただし、実際に購入して彼女を乗せると、彼女は最新の新車を期待していたらしく、昔はやった車でがっかりしたようでしたが、私は憧れの車であったので満足していました。

なお、その満足ですが、実は長く続きませんでした。それは、その付き合っていた彼女と結婚することになったのです。結婚して、まず変わったのは、ハイオクのガソリンのため、維持費が他の車よりかかることでした。また、幸いにもすぐに子供を授かったのですが、車高が低い車で、ベビーカーを入れることができないことでした。将来を想像して車を購入しないと痛い目にあうと痛感した車の買い替えでした。

といっていたのを思い出し、参考のサイトを紹介しました→車買取群馬

痩せの大食いだった私が太った理由と痩せた方法

私の兄現在は事務の仕事をしています。障害者雇用で働いています。というのも、兄は大学卒業と同時にパニック障害という病気にかかり、紆余曲折して障害者として働いています。さて、パニック障害の治療薬として使われる薬にSSRIというものがあります。セロトニンを増やす効果があるのですが、副作用として太ります。兄は学生時代、痩せの大食いと言われていてもの凄い量を食べるのに太らないということで有名でした。しかし、薬を飲み始めて太りやすい体質になってしまい。薬を飲み始めてから3ヵ月で25kg太りました。
80kgになりお腹がポッコリと出てしまい、さすがにこれは見栄え的にまずいということでダイエットをすることにしました。病院の先生にも運動療法を勧められていたのでそれも相まって本格的にダイエットを開始しました。
一つ決めておいたことは、食べる量は変えないということです。約20年食事制限というものをしたことがなかったので、おそらくこれは続かないと思い運動で痩せようと決意しました。兄が選んだのはランニングです。中学校時代陸上部だったので走ることには慣れていたので、ひたすら走りました。病気療養中で当時は仕事をしていなかったので、時間はありました。
最初の1ヵ月はとにかく毎日1時間走ることにしました。本当に歩くペース位から初めて徐々にスピードを上げていきました。すると1ヵ月で7kg痩せました。73kgです。2ヵ月目は2時間に増やして10kg痩せて63kgに、そして3ヵ月目は3時間は走るようにして、10kg痩せて53kgになりました。
結果的に3ヵ月間、走るだけで27kgも痩せることが出来ました。この時点でダイエットは成功なのですが、今度は維持をしなければならないので毎日1時間は走るようにしました。その後約1年間位は持続していましたが、就労移行支援型事業所というところにお世話になることが決まり、そっちが忙しくなり走ることはやめました。薬も服用し続けて、食べる量も変わらず生活をしていましたが、その後の体重は55kgをキープしていました。そのときに分かったのですが、病気をしてからの3ヵ月間はほとんど引きこもっていたのでそれも太った要因の一つだったようです。学校に行ったり働いているだけで結構カロリーは消費されるものだということを知りました。
たくさんのダイエット方法があると思いますが、人間走れば痩せるようです。

私は単純作業が苦手なのでホットヨガに通うことにしました。

参考サイト
新宿ホットヨガ体験

妊娠中の食事は注意

妹はケーキ屋で仕事をしており、毎日が甘いものに囲まれる幸せな日々(*ノωノ)
そんな環境の中、この度妊娠発覚したのですっ!

幸いにもつわりは軽かったらしいので、いつも通りに食をしていたみたい。

医師からは「妊娠後期になったから、嫌でもどんどん体重が増えていくから最初はあんまり太らないようにしようね~♪」と注意はされていたようです。

仕事をしていたためか、いつものようにご飯を食べ毎日ケーキを食べても、さほど著しい体重の変化はなかったとのこと(´艸`*)
検診にいっても医師からは体重指導もなかったので食べたいときに食べたい分だけ食べていたそうです。

仕事から帰ると義弟が毎日ケーキでお出迎え( ;∀;)♡疲れた身体に染み渡るケーキを毎日ぺろりと食べていたら・・・。

1週間後、定期検診でとんでもない事実に直面( ゚Д゚)
「3週間で…3キロ太ってる!?」

医師からも「この時期だと1.5キロプラスに抑えて欲しかったなぁ~。赤ちゃんの体重は標準なんだけどねー。あかちゃんはっ!!」
とご指摘が。

調子に乗りすぎて、食べ過ぎたのがついに顔を見せ始めたのはこの頃から。

食べることが大好きな妹にとって、妊娠後期は修行のような日々(笑)
職場にいっても ケーキケーキケーキで誘惑だらけ( ;∀;)

あの3キロを抑えてたら、もっと後期もある程度食べれたんだろうな~と後悔していました(;´∀`)
2人目ができたとき気を付けようと!…といってましたので、姉として流石にと思ったので妹のために調べてあげたサイトをLINEで送っておきました
妊娠中の食事の注意点|丈夫な赤ちゃんを産む為に必要な栄養素

ストレスを感じないように、妹なりに食を楽しむ事ができたらより一層妊娠生活が楽しめると思います。がんばれ。

庭ではじめるミニ家庭菜園

プランターで家庭菜園を初めて5年が経ちました。これまでいくつもの観葉植物を枯らしてきましたが家庭菜園は続いてます。

元々はペンションの短期アルバイト先で家庭菜園をされてたことが始まりです。

毎日大きくなる野菜を見て収穫するのが楽しく自宅でもやりたいとプチトマトから育て始めました。

ベランダ菜園の本なども購入しドンドン種類を増やし毎年20種類ぐらいの野菜を育てています。

私の友人は

「やっぱり広い場所でやらないとね」

と言ってhttp://xn--cckj1c9597b.com/

このサイトをさんざん私に見せていましたけど・・・

さて、

家庭菜園の良い所は新鮮で安心な野菜よりかは生活リズムやコミュニケーションにあると感じてます。

祖父母の足が悪くなり家に籠もりがちでしたが、植木好きな祖父が毎日野菜を見に庭先に出るようになりました。

一緒に収穫するのも楽しみの一つです。

また引越してきたてだったので近隣の方とも仲良くなれ祖父母の話相手が出来ました。私に関しては不規則な生活を送っていたのですが、朝の水やりのため早起きになりました。

困った事は水道代が増えた事と日焼けです。日焼けは面倒くさくてついつい日焼け止めを塗り忘れるのが原因です。

やれやれ、お肌の荒れの原因はここにもあったか・・・

めんどくさがらずケアはしないとですねぇ・・・

効果的なスキンケアを行うコツは?

アラフォーに悩みは尽きません。

いったいどんなスキンケアが効果的でしょうか。色々と試しています。
シートパック、美容液、トータル・ゲルなど。

効果は一朝一夕に表れるわけではありません。結局、右往左往しているばかりです。

大切なのは続けること。

分かってはいるのですが「洗顔とクリームで終わり」という日も増えてきました。

加齢による肌の乾燥でシワやシミは深刻な問題。もっと真剣に取り組むことにしました。お肌のカサつきを抑えるため、コラーゲンの多い食材などを積極的に摂るようにしています。でもコラーゲンだけじゃ足りないのでエラスチンのサプリメントも一緒に摂取しています。

紫外線を防ぐため、窓から差し込む日差しをカーテンで調節しなくてはなりません。鏡を見ると、そこにあるのは、残酷な現実。自分の肌に興味のない女性はいませんよね?

しかしスキンケアに関しては、「ヤル気」と「絶望」を繰り返す日々。前向きに考えることが大切です。基礎化粧品、食材、睡眠をバランスよく取り入れるよう努力しています。

睡眠は、肌のターンオバーに大きく影響します。良質な睡眠は、傷ついた細胞の修復を促進してくれるそうです。また、肌にとって便秘は禁物。毒素が蓄積されてしまい、肌にも悪影響を及ぼします。

古くから言われている「快食、快眠、快便」は、肌を守ってくれる重要項目。老化による肌の劣化を停止することはできません。せめて、劣化の速度を減速するよう模索する毎日です。

これこそまさに腐れ縁

自分はアラフォーの女性です。事務の仕事をしながら、毎日なんとなく過ごしています。
そんな自分にも人には言えない悩みがあります。

それは、仲良くしている男性のことです。この男性とは実は元彼氏で10年以上まえにお付き合いをしていました。そんな元彼氏といまだに仲良くしています。分かれても友人として仲良くしていることは全く問題はないのですが、これが腐れ縁とも言うべきあまり良い関係になっているとは言えない点が悩みなのです(-_-)

友人関係というよりは、都合の良い関係のようになってしまっています。普通に彼氏になってくれれば良いものの、別れたにも関わらず恋人のような友人のような曖昧な関係になってしまいました。都合の良い時に合う、それ以外は特に連絡も取らない、誕生日やイベントごともスルーといった感じです。

はっきりとよりを戻せばいいと思われるかもしれませんが、自分も相手もとくに恋人関係に戻りたいとは思っていないという点が厄介です。

ただ、なんとなく曖昧なまま不毛な時間を過ごしてしまっているという事が嫌なのです。自分ももうアラフォーと言われる年齢になりました。ちゃんと結婚を意識した恋人が欲しいと思います。

こんな年になって元彼氏といまだに会っているなんて友人にも言えません(;_;)
新しい出会いのためにこの腐れ縁は切ってしまうべきなのでしょうね(-_-)