痩せの大食いだった私が太った理由と痩せた方法

私の兄現在は事務の仕事をしています。障害者雇用で働いています。というのも、兄は大学卒業と同時にパニック障害という病気にかかり、紆余曲折して障害者として働いています。さて、パニック障害の治療薬として使われる薬にSSRIというものがあります。セロトニンを増やす効果があるのですが、副作用として太ります。兄は学生時代、痩せの大食いと言われていてもの凄い量を食べるのに太らないということで有名でした。しかし、薬を飲み始めて太りやすい体質になってしまい。薬を飲み始めてから3ヵ月で25kg太りました。
80kgになりお腹がポッコリと出てしまい、さすがにこれは見栄え的にまずいということでダイエットをすることにしました。病院の先生にも運動療法を勧められていたのでそれも相まって本格的にダイエットを開始しました。
一つ決めておいたことは、食べる量は変えないということです。約20年食事制限というものをしたことがなかったので、おそらくこれは続かないと思い運動で痩せようと決意しました。兄が選んだのはランニングです。中学校時代陸上部だったので走ることには慣れていたので、ひたすら走りました。病気療養中で当時は仕事をしていなかったので、時間はありました。
最初の1ヵ月はとにかく毎日1時間走ることにしました。本当に歩くペース位から初めて徐々にスピードを上げていきました。すると1ヵ月で7kg痩せました。73kgです。2ヵ月目は2時間に増やして10kg痩せて63kgに、そして3ヵ月目は3時間は走るようにして、10kg痩せて53kgになりました。
結果的に3ヵ月間、走るだけで27kgも痩せることが出来ました。この時点でダイエットは成功なのですが、今度は維持をしなければならないので毎日1時間は走るようにしました。その後約1年間位は持続していましたが、就労移行支援型事業所というところにお世話になることが決まり、そっちが忙しくなり走ることはやめました。薬も服用し続けて、食べる量も変わらず生活をしていましたが、その後の体重は55kgをキープしていました。そのときに分かったのですが、病気をしてからの3ヵ月間はほとんど引きこもっていたのでそれも太った要因の一つだったようです。学校に行ったり働いているだけで結構カロリーは消費されるものだということを知りました。
たくさんのダイエット方法があると思いますが、人間走れば痩せるようです。

私は単純作業が苦手なのでホットヨガに通うことにしました。

参考サイト
ホットヨガ新宿